フェリックスジャパン

事業再生サービス

『ゆでガエル』になってはならない

事業再生が必要な局面の企業では、ビジネスインフラが機能不全を起こしているために業績悪化を招くケースが多いと言えます。

事業再生においては、『業績の回復』と『体質の改善』の同時並行作業で行う必要があります。
事業再生に起死回生策(ウルトラC)などありません。
生き残るためには抜本的な構造改革は避けられないと認識する必要があります。

事業再生支援の進め方

プロジェクトのゴール

業績の回復と組織体質の改善