フェリックスジャパン

私たちは何者か?

公認会計士と経営コンサルタントが中心となって活動している『マネジメントコンサルティングファーム』

中小企業の『経営者』に対してサービスを提供する会社 より高い次元への成長を志向している中小企業の経営者に対して道標となるべき存在です。 中小企業のオーナーは抜群の実行力(行動力)で成果を上げてきているが、そこから更なる飛躍を目指す場合に、行動力だけでは高いステージに上がれない現実もあります。

私たちが重視しているのは『成長ステージに応じたマインドセット』です。

成長ステージによりマインドセットのありかたは変わる

世の中の全ての企業に変わって欲しいと思っているわけではありません。

マインドセットを変えることが目的でもありません。

マインドセットを変えたいが、どのように変えていけばいいか、これで正しいのかと不安、悩みがある経営者に対して、私たちは最高のサービスを提供する用意があります。

私たちは管理会計のプロであり、現場のデータを「会計」に”つなぐ”ことが得意であり、事業の継続、将来の投資に必要な「お金」の視点で考えることも得意です。

『現場の動き(データ)』を『会計』に結び付けることができたら、『会計』としての目標から『現場の動き(データ)』がどうなればいいかという展開ができます。

『お金』がこれくらい必要であり、そのためには『会計』はこうでなければならず、そのためには『現場の動き(データ)』はこうしなければならない、という展開ができます。

一方で、『会計データ』に表すことができない『非会計データ』があることも良く理解しています。 短期的にすべてを『会計データ』で良し悪しを評価するのではなく、『非会計データ』の要素が将来どのように収益向上に影響を及ぼすのかを 認識したうえで、攻めと守りを強化していくことを考えます。

私たちは外部ステークホルダーとの対話(アカウンタビリティ)も熟知したうえで、高い次元の成長を目指すために必要な戦略を『会計』という共通言語に 置き換え、かつ、それを現場の活動と”つなげる”仕組みを作ることができます。

  • 会社の将来(目標)を会計数値に換算する
  • 会計数値を現場の活動(データ)に落とし込む
  • ・現場の活動(データ)が会計数値として集計される
  • ・目標と実績が会計数値として比較・分析できる
  • ・対策を会計数値をもって現場と議論することができる
  • ・外部ステークホルダーに会計数値の結果と今後の対応策を具体的に説明できる

この仕組みが有効に機能することが経営管理において重要な機軸となります。
私たちはこの経営管理のど真ん中の仕組みを評価、構築、再構築することができます。

さらに、経営管理の仕組みが有効に機能するためには、『執行』と『監視』(コーポレートガバナンス)の体制が整備されていることが絶対条件です。 中小企業においてもコーポレートガバナンスの整備は企業価値向上に必ず資するということを証明していきます。